クロスリテイリング代表の社会人時代を今日の夜までに知るについて

クロスリテイリング代表の社会人時代を今日の夜までに知るについて

クロスリテイリング代表の社会人時代


大学卒業後、私はあんなに出たいと思っていた田舎に戻る事を決意をしました。

前述の通り、私は大学生活を満喫していました。
やりたいこともやりました。
ですが、私は大事なものを見つけることが出来ませんでした。

それは、“やりたいこと”です。

大学で勉学に身を入れていなかった私は、大学卒業後の事を真剣に考えず、日々の生活を“楽しい”という感情だけで過ごしてしまいました。

そうなってしまうと、なんだか急に寂しさと虚しさが込み上げてきて、遠くの故郷を思い出したのです。

東京での就職も決まらず、最終的に田舎へ帰省することになりました。
そして、田舎での就職となるとほぼ限定されてしまい、教職の免許も学生時代にとっていなかったので、他に就職先を考えると公務員しかありませんでした。

結局、私は故郷で公務員をすることになりました。
公務員時代は毎日穏やかな日を過ごしました。
幸だなと感じる日々でもありました。

しかし、公務員3年目のある日、ふと思ったのです。

「これは、自分が望んでいたものではない」と。

それからというもの、私はまた気持ちがスッキリしない時を過ごし、公務員を辞める決意をしたのです。





クロスリテイリング クロスリテイリング代表 クロスリテイリング社会人 クロスリテイリング時代 クロスリテイリング大学 クロスリテイリング卒業 クロスリテイリング田舎 クロスリテイリング決意
[PR]

by kgi4j8gj | 2012-11-18 04:19 | クロスリテイリング